少額からはじめる不動産投資について

不動産投資は大きく2つに分かれます。一つはマンションやアパートを購入して、他の人に貸すことによって、毎月の賃料収入を得ること。



もう一つは不動産を売却して、利益を得ることです。



不動産の売却による利益は、不動産の価格が年々上昇する傾向であるか、リフォームすることで付加価値をつけるようにしなければ、売却益を出すことができないので、毎月の賃料収入による不動産投資が一般の人向きと言えます。

ただ、不動産を購入するのですから、ある程度の資金が必要です。

ローンを組んで不動産を購入して、家賃収入で利益を得ることができますが、空室リスクがないわけではありません。

また、不動産を探したり、不動産のメンテナンスなどの手間がかかります。不動産の知識がなく、少額から不動産投資をしたい方には不動産投資信託があります。

一般的にREIT(リート)といわれています。


REITは複数の投資家が共同で資金を出し合い、その資金でマンションやビルなどの不動産を購入します。


その賃料が配当金として還元されます。



不動産を個人で購入するよりは家賃収入が少なくなるデメリットはありますが、少額から投資ができ、不動産の専門家が不動産の購入からメンテナンスなどを行うため、安定的な運用が行えます。

また、日本銀行がデフレ脱却のため、量的質的金融緩和を行っているので、不動産価格の下落による家賃収入の下落のリスクが軽減され、REITにとっては運用しやすい環境といえます。