弁護士になるためには今と昔

弁護士になるためには、司法試験に合格しなければなりません。


この司法試験に合格するためには法律の勉強をしなければならないのですが、一般的には大学の法学部に入学して4年間猛勉強した後、さらに自分で数年勉強してやっと試験に合格するかどうかという状態でした。

しかも猛勉強をしなければなかなか合格することができないので、就職して仕事をしながらという人は殆ど合格することが出来ないという非常に狭き門でした。

教えて!gooの情報が満載です。

多くの人は親元で親に支援してもらいながらとか、夜働いて昼間は大学で勉強するといった形の人が多いものでした。

立川の弁護士といえばこちらです。

その為なかなか弁護士になれる人が少なく、法曹界に於いても高齢化が進んでいます。

その為、より優秀な人材が弁護士や裁判官になるための資格を取りやすいようにということで法律が改正され、現在では法科大学院という学校を卒業していないと司法試験が受けられない制度になっています。
法科大学院は大学を卒業もしくは同程度の資格が有れば受験できる学校で、この学校で法律に関してしっかりと学習したのち、一定の成績を収めて卒業して初めて司法試験の受験資格が得られる制度です。

司法試験に合格するための教育がしっかりと受けられる反面、従来のような独学で司法試験を受けるということはできなくなりました。



法科大学校の存在は、お金を掛けても法律に付いてしっかりと勉強したい、その為の潤沢な資金が有るという人にはしっかりと学べるため良い制度ですが、今まで余り裕福ではなく独学で弁護士を目指していた人にとっては、まずは法科大学院に入学することが大きな目標になるため、さらにハードルが高い物になっています。